メールマナー| ネチケット

メールマナーについて情報を集約したポータルサイトです。

メールマナー| ネチケット:はじめに

ネチケット(netiquette = network + etiquette)とはネットワークを使う上で知っていて欲しいエチケットのことです。メールをやりとりする相手との間に合意さえあれば基本的にはどのようなことも自由です。ネチケットはルールではないからです。
しかし、最低限のネチケットを遵守することによって、多くのトラブルを避けることができます。
注意すべきはネチケットを相手に押し付けてはいけないということです。相手がネチケットを知らなくても責めてはいけません。相手の多少の非礼は許す広い心を持ち、お互いに気持ちよくネットの利便性を享受することこそがネチケットの目的です。

 

メールマナーの基礎知識 - メールマナー|ネチケット Top

メールの基本マナー

メールマナーの基本的な事項を網羅的に紹介しています。メールマナーの基礎知識はここを読めばほぼ完璧です。メールマナー情報はまずここを読んでみてください。
メールの基本マナーへ

メールマナー入門

メールのマナーについてクイズなどで具体的な例に基づいて説明してくれるのでとてもわかりやすくなっています
メールマナー入門へ

ビジネスiタウンページ

社会人基本マナーのなかの1項目です。ついでにメール以外のマナーも勉強しちゃいましょう。
ビジネスiタウンページへ

間違いだらけのメールマナー

現代の生活には、欠かせないのがE-メール。みなさんも、ほとんど毎日使っていることでしょう。ところが、上手に使いこなしているようで、実は意外と知られていないメールマナーがたくさんあります。
間違いだらけのメールマナー

 

ビジネスメールのマナー Top

MYCOMBIZUP

ビジネス上のメールのマナーについて紹介しています。
MYCOMBIZUPへ

ビジネスにおける電子メール活用ガイド

電子メールをビジネスに有効に活用するための参考となるように、電子メールをビジネスに活用することのメリットや、利用する際の留意点を示すガイドブックとして作成されています。
ビジネスにおける電子メール活用ガイドへ

CCメールのルールとマナー

CC欄は同じ内容を複数の人へ送る機能です。便利な機能ですが必要のない人にまで第三者のアドレスを公開してしまわないよう注意が必要です。使い方をしっかり覚えておきましょう。
CCメールのルールとマナーへ

 

メールの書き方ワンポイント Top

一行がパソコンの横の長さいっぱいに伸びたメールをもらったことはありませんか。一行が長いと読みづらいものです。
メールソフトによっては編集終了時に、適当な長さになるように自動的に改行してくれるものもあります。自分のメールソフトがその機能を持っているか(自分宛てに出して)確かめておきましょう。

相手がどのようなメールソフトで読んでいるかわからないので1行40字を越えないようにしましょう。30字から35字程度で改行するのが読みやすいようです。引用部に引用符( > )が付いても40字以内にするためです。

また、テキスト形式でメールを書く場合、行間が空いていないので、何行も続けると非常に読みづらくなります。場合によっては相手は読んでくれないかもしれません。

適度に行間を空ける工夫が必要です。
読み手は連続5行を超えると、苦痛を感じます。かといって、すべて1行おきも間延びして長くなりますし、意外と読みにくいものです。

文意から段落をまとめてから行をあけると5行以上続いてしまうことがあります。メールは原則として連絡文です。論文ではないので段落を厳密にする配慮は通常必要ありません。
文意が連続している箇所でも2〜3行ごとに区切って改行、行間を1行空けましょう。文意が変わる段落では2〜3行あけてメリハリをつけると読みやすくなります。
また、改行時に、段落の最初の空白(字下げ)は特に必要ありません。

Google


                        Top
 
ダイレクトメール研究会 | メール配信
メールソフトの設定方法
メールマナー l ネチケット

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 



Copyright ©2005 to99